Blog

GASで記念日通知 slack botを作ろう

突然ですが、2020年11月6日に入籍しました。

結婚記念日やその他記念日を忘れると、怒られが発生するので、記念日当日にslackに通知してもらいましょう。

今回はGAS(Google Apps Script)を使っていきます。

1. Slackの認証コードを発行

1.1. アプリケーションを作成

ここCreate New App から新規アプリケーションを作成します。

1.2. botの作成

App Home を選択し、 App Display Name を編集します。

その後、 Basic Information からアイコン画像とかを設定しておきましょう。

1.2. 権限の付与 / 認証

OAuth & Permissions を選択し、 ScopesBot Token Scopeschat:writeを追加

その後、ページの一番上の Install App to Workspace をクリック。

権限が要求されるので、承認します

そうすると、Bot User OAuth Access Token が発行されるので、コピーしておきましょう。

1.3. slackチャンネルへの招待

作成したbotを通知を送りたいチャンネルに招待しておきましょう。

2. GASのコードを書く

2.1. GASのファイル作成

Google ドライブの適当なディレクトリで新規作成からGoogle Apps Scriptを作成します。

プロジェクト名も設定しておきましょう。

2.2. ライブラリの追加

リソース の中の ライブラリ を選択し、 M3W5Ut3Q39AaIwLquryEPMwV62A3znfOO を追加します。

このライブラリはこちらで紹介されています。

2.3. コーディング

以下のコードを貼り付けます。

anniversarychannel , token は自身のものに変更してください。

function myFunction() {
  var anniversary = new Date("2020/11/6"); // 記念日を入力
  var date = new Date();
  var days = ["日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"];
  var today = date.getFullYear() + "年" + (date.getMonth() + 1) + "月" + date.getDate() + "日 (" + days[date.getDay()] + ")";
  var channel = "#general" // チャンネル名を入力
  var token = "xoxb-xxx...";  // 先程設定したBot User OAuth Access Tokenを貼り付け
  var slackApp = SlackApp.create(token);
  
  if(anniversary.getMonth() == date.getMonth() && anniversary.getDate() == date.getDate()) {
    // 年記念日
    yearDiff = date.getFullYear() - anniversary.getFullYear();
    message = today + " は *" + yearDiff + "年記念日* です。おめでとう!";
    slackApp.postMessage(channel, message, options);
  }
}

これで実行すると、その日がN年記念日であれば通知されるはずです。

記念日でなければ何も起こらないので注意してください。

2.4. 定期実行の設定

時計のマークを押して定期実行のタイミングを調整します。

以下は毎朝8時〜9時の間に通知するように設定してあります。

おまけ

年記念日だけでなく、月記念日や100日記念日、ゾロ目記念日等も通知されるようにしています。

是非参考にしてみてください。

function myFunction() {
  var anniversary = new Date("2013/11/8"); // 記念日を入力
  var date = new Date();
  var days = ["日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"];
  var today = date.getFullYear() + "年" + (date.getMonth() + 1) + "月" + date.getDate() + "日 (" + days[date.getDay()] + ")";
  var channel = "#general" // チャンネル名を入力
  var token = "xoxb-xxx...";  // 先程設定したBot User OAuth Access Tokenを貼り付け
  var slackApp = SlackApp.create(token);
  
  if(anniversary.getMonth() == date.getMonth() && anniversary.getDate() == date.getDate()) {
    // 年記念日
    yearDiff = date.getFullYear() - anniversary.getFullYear();
    message = today + " は *" + yearDiff + "年記念日* です。おめでとう!";
    slackApp.postMessage(channel, message, options);
  } else if(anniversary.getDate() == date.getDate()) {
    // 月記念日    
    monthDiff = (date.getFullYear() - anniversary.getFullYear()) * 12 + date.getMonth() - anniversary.getMonth();
    message = today + " は *" + monthDiff + "ヶ月記念日* です。おめでとう!";
    slackApp.postMessage(channel, message, options);
  }

  // 日記念日
  dayDiff = Math.floor((date.getTime() - anniversary.getTime()) / (1000 * 60 * 60 * 24))
  if(dayDiff % 100 == 0 || isRepdigit(dayDiff)) {
    message = today + " は *" + dayDiff + "日記念日* です。おめでとう!";
    slackApp.postMessage(channel, message, options);
  }
  console.log(anniversary);
}

// ゾロ目判定
function isRepdigit(input) {
  var src = input.toString();
  var m = src.match(/^[0-9]/);
  if (m) {
    var re = new RegExp('^'+ m[0] +'{2,}$');
    return re.test(src);
  }
  return false;
}

人気の記事

Jetpack ComposeとViewModelについて考える

LiveDataからCoroutines Flowへ移行する

MVVMでモデルに処理を寄せる【Android】

kotlin coroutinesのFlow, SharedFlow, StateFlowを整理する

【Kotlin】suspend functionとテストの書き方

Jetpack ComposeのRippleエフェクトを深堀り、カスタマイズも